ダイアモンド・グレーディング・レポート

ダイアモンド・グレーディングレポートとは

? ダイアモンドには4Cと呼ばれる品質のグレードを示す規定が決められています。そのグレードの基準について説明します。

1) Carat キャラット、大きさ

? ダイアモンドをはじめ、宝石の重さには、Carat キャラット(ct)という単位を使います。1Caratは0.2gに相当します。ダイアモンドの場合、小数点以下3桁まで計測します。

2) Clarity クラリティ、透明度

? ダイアモンドも自然の結晶なので、結晶する際に周辺の物質を巻き込んで結晶する場合があります。それがインクルージョン(内包物)です。インクルージョンには液体や固体のものがあります。多くは透明度を下げてしまうものですが、ときにインクルージョン自体がきれいなものもあり、そのようなものも高い価値が生まれます。
クラリティの評価は11段階に分けられます。

3) Color カラー、色

? 純粋なダイアモンドは無色透明です。しかし、自然界でできるダイアモンドはさまざまな他の原子を巻き込んで成長します。そのため、さまざまな色が着くことがあります。多くは窒素を含み、黄色っぽさを帯びてしまいます。しかし、逆に濃い色の着いたダイアモンドは、ダイアモンドのすばらしい輝きと色の美しさからとても高い評価を受けることにもなります。
 ダイアモンドグレーディングでは、その無色さを評価します。無色?やや黄色のものを23段階に分けて評価します。評価にはD?Zのアルファベットを用い、Dが無色、Zに近づくとやや黄色をあらわします。
 カラーグレードの結果と共に、その色の起源(Color Origin)を記載します。天然(Natural)、人為的な照射、高温高圧(HPHTプロセス)…等の判定結果を記載します。

4) Cut カット、プロポーション

ダイアモンドの美しさ、それはその類希な輝きにあります。その輝きは、周囲の光の屈折、反射によるものです。周囲の光を効果的に屈折、反射させるには、ある一定の角度にダイアモンドの面(ファセット)が位置することが必要です。その理想のカットをアイディアルプロポーションと呼びます。どれだけそのアイディアルプロポーションに近いかを評価します。
評価は、Excellent, Very Good, Good, Fair, Poorの5段階で行います。

当研究所の鑑定書サンプル

さわやかなブルーのリボンのデザインがご好評をいただいております。

Leave a Comment

*