宝石鑑別書

鑑別書とは

鑑別書は宝石の種類を調べたものです。
鑑別に用いられる検査方法は、すべて宝石という貴重で高価なものを、傷つけないで、調べることがその条件となります。そのため、主に光を用いた物理的特性の検査が用いられます。そのような検査には、屈折率検査、偏光検査、多色性検査、分光検査、蛍光検査、顕微鏡拡大検査などがあります。そのほかにも、比重などを検査します。これらの検査で、まずその宝石の種類が調べられます。
近年、人工的に作った結晶から宝石を作る技術も生まれ(合成石)、ただその宝石の種類を調べるだけでは不十分になってしまいました。そこでその宝石(結晶)がどのように成長して出来たものかを調べます。自然の中で、どのように出来たものか、その痕跡を調べます。これにより時に、世界のどこの鉱山で採れたものかも分かる場合があります。また、時にはそれが天然のものではなく、人工的に作られた合成石、であることも分かります。
これらのことを検査した結果を記したものが鑑別書です。

鑑別書のサンプル

下に日独宝石研究所の鑑別書があります。当研究所の発行する鑑別書は、このようにサファイアブルーを基調としたデザインとなっており、大変好評をいただいております。

windowslivewriter85e8a04ea5b0-e6edf-08895-1.jpg

Leave a Comment

*